2006年02月17日

「卒業させない」と脅し、無理矢理、生徒に献血をさせる(1)

ボランティア精神あふれる証としてもらえる「日本赤十字社の感謝状」
その実態は、強制的に献血を行わせて手に入れたした、生徒の血の固まりです。

献血しない者には、「卒業させない」「みんなやってんだからしろ」などと無理矢理脅し、
体調が悪く拒否しても、「少しくらい我慢しろ」無理矢理やらせようとします。

赤十字社の人間も薄々「知っています」。

不信になって、他の学校の友人に聞きましたが、
「9割なんてしない。2割くらいじゃないか」と言ってました。

ボランティアで賞をもらってる学校は、強制的に行っているのではないでしょうか?

ちなみに、弁護士に聞いたのですが、献血の強制は、かなり犯罪性が高いということです。

<佐藤栄メモ>
強制的に献血をさせる。
赤十字からの賞状が何枚もある。
クラスの献血率は、9割。
弁護士の見解では、犯罪性が高い。







posted by 告発者(管理人) at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 強制的に献血 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。