2006年02月17日

「不良品を学校指定品として売り付ける」

どう見ても不良品の制服や備品を学校指定品として高値で売りつけます。
量販店で1000円くらいで投売りされているようなウインドブレーカーも
50円くらいの「学校の」マークをプリントして5000円くらいで
売り付けられます。

卒業、数ヶ月前になくしてしまい、再度買い直しさせられました。
公立中学の時にもジャージをなくしたのですが、
「卒業が近いから、買いなおさなくて良いよ」ということでしたので、
酷く感じました。

後日、ディスカウントショップで780円でほぼ同じものが売ってました。

卒業前に、学生カバンが凹んでいるという理由で
買い直しさせられている人もいました。

<佐藤栄メモ>
学校指定品をなくしたら買い直し(実体験)







posted by 告発者(管理人) at 12:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 騙す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
入学式の時に制服、カバン、体操服、靴などなど 申し込みますが、業者が全て違うことに注目。
例えば男子の制服は、西武百貨店。女子は、三越。
カバンは丸広、上履き、体育館履きと体操服の業者も別。

しかも、デパート以外の申込書は、コピーにコピーを重ね黒いドットだらけの汚ない用紙。
フォーマットは簡単なので、打ち直せばいいのに。
推測するところ、パソコンもない業者使っているんです。

どこまで備品で、リベート取れば気が済むのかな。
Posted by at 2006年02月24日 10:22
在職中20点に及ぶ油彩画制作の依頼を受けた世界の主だった都市の風景画ということで金額も通常価格の5分の一だ。にもかかわらず支払いの段になると、約束を破り額代を負けろときた。自分では言わず経理担当の渡辺を通して長く在職したいなら60万負けろといっていたよと伝えてきた。恐喝である。もちろん佐藤栄太郎の正真正銘の恐喝である。常に自分の犯罪を隠蔽しようとするやり方でいざというときの逃げ場を作っておく爺らしい狡猾さといえばそうだが。表の顔は善人を裏の顔はやくざもかおまけの素の顔である。もっとも裏もおもてもなく、顔は真っ黒だが
Posted by にえだ at 2006年02月26日 20:35
ほかにも嘘が
学校パンフレットには東大宮駅より
徒歩8分と記載されているにもかかわらず
私現在通っていますが、走っても10〜11分です
歩くと信号待ちが長くなったときには20分ほど
かかることもしばしばあります。
なので学校に8:00までに来いと言われ
7:45に駅にいると駅にいる教員に
「遅いぞ。走れ。」
といわれ、無視して歩いていくと
「早く行けよ!ほら急げ!遅刻するぞ!」
などといいだします。
徒歩8分なら7;45に駅にいれば
間に合うはずなのに実際その時間に駅に
いればまず遅刻です。
これってひどくないですか?
Posted by 去年の1-5 at 2006年03月24日 19:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。