2006年02月17日

寄付金が多い生徒は特別扱い

大金を寄付した生徒は特別扱いしていました。
親が金持ちで外車で送り迎えしていました。

また、染髪・ピアスといった通常の校則違反まで「黙認」でした。
(ちなみに一般生徒が同じことをした場合、停学または指導になります。)

学園の中に階級制度を作るというスバラシイ教育です。

ちなみによく「人間平等」っぽいことを言ってましたが、アレは何かのギャグだったのでしょうか?






posted by 告発者(管理人) at 14:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 寄付金という名の集金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事は真実です。金持ちの子弟は出席日数が
足りなくとも出席扱いになります。また、献血も
任意です。彼らは大学入学枠も優先されます。
Posted by 栄卒 at 2006年09月26日 23:44
自閉症の資産家の学生が、ほとんど学校に来なかったにも拘わらず卒業したのを憶えている。
Posted by 栄OB at 2006年09月27日 23:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。