2006年03月06日

「卒業式」は、政治家がいっぱい

そろそろ卒業式のシーズンです。

卒業式当日は、「一度も会ったこともない」
政治家からの祝電が大量に来ます。

これは、私立なら何処でもそうなのでしょうか?
元々台無しの卒業式がさらに台無しになります。

また、政治家本人は来ないで代理人が来ているだけという
酷く人を馬鹿にしたケースもあります。

政治家の名前を売るために届いた電報を読み上げる作業は、
生徒も保護者もしらけていました。

政治家に悪気はなく、県で一番大きい私学という理由なだけなために
電報の数が偶然多くなったことも考えられますが、
学校側が本来配慮するべきではないでしょうか?

一体、誰のための卒業式かわかりません。
主観ですが、校長のためだけの卒業式だと感じました。



posted by 告発者(管理人) at 20:53| Comment(5) | TrackBack(0) | 政治家と佐藤栄学園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
理事長は逃げて出席しませんでした。
おまけに申告漏れに関しての説明も一切なし。

それから、主役は卒業生などといいながら結局は教師たちの押し付け。むだに練習ばかりする卒業式でした。だいたい卒業生に向かって大声あげて卒業式の練習なんてするのは不埒です。
私立で3年間教育してきた自信が本当にあるのなら、改めて練習なんぞしなくても基本的な礼節ぐらい出来るわけですから。
Posted by どくだみ at 2006年03月07日 22:20
政治家からの祝電は私の当時の印象としては校長の顔の広さを示す為のもののように感じました。
案の定全て自民党の議員でしたし。
隣には区役所、正門前には寸分たがわず国道が開通したのも校長の口添えがあったのではないかと勘繰ってしまいます。
Posted by 元栄生 at 2006年03月09日 14:00
今日が卒業式でした(僕はまだ卒業しませんが)。祝電は、衆議院議員が6名ほど、参議院議員が1人、そして、県議会の人や、市議会の人、さらに元文部大臣なんかの電報が・・・
選挙活動に使われてるとしか思えません。
さらに校長は出席しませんでした。入院したようです。
保護者や、来賓の方々の言葉には、必ず「今日学べ」「人間是宝」が含まれており、心のこもっていない、学校側が用意したものを丸暗記したようなものでした。
Posted by どうも at 2006年03月16日 14:44
照子さんが、金丸の親戚筋だった話は聞いたことがあります。
平成国際大学が法学部系統で新設できた
(当時は情報系などの学校が認められるのがほとんど)
のも政治の力だった話です。
Posted by もと栄東 at 2007年01月14日 00:53
佐藤栄学園が多額の政治献金をしているのは、
周知の事。とくに中曽根、宮沢両元首相の政治団体には毎年相当金額が献金されていた。
Posted by 匿名リサーチ at 2007年01月15日 16:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。