2006年03月10日

強制的に献血を行わせた手口

献血数日前
1.献血日の約一週間前に「献血ができない旨を保護者に承諾させる書面」を生徒に配る。
拒否理由は、宗教、病気のみ。保護者の署名捺印が必要。
2.献血のメリット「血液型がわかる」「血液検査ができる」などを説明する。

当日(献血前)
1.献血車が複数台が来る。
2.教室で献血の手順の説明。
3.「やらない者は進級させない」「今日やらなくても他の学年(別の日にやる)と一緒にやらせる」
「内申書に書く」など脅迫めいたことを言う。(教師によって違う。)
4.整列して献血の部屋へ行く。(教師が見張っている。)
5.献血車にて献血を行う。(教師が見回りに来る。)

当日(献血終了後)
1.ジュースや菓子を配って食べさせる。下校時に絶対に食べるなと念を押す。献血した生徒を褒める。
2.献血手帳を渡す。献血手帳の説明。
3.献血を行わなかった者に対して文句を言う。後日やるように脅す。
(献血を行わなかった者は、残って「献血と私」というタイトルの反省文を書く場合もある。)

後日
1.前回献血日に献血を行わなかった生徒を他の学年に混ぜて献血をさせる。
2.それでもしない生徒には、誹謗中傷を行う。
(再献血を行わなかった者は、残って「献血と私」というタイトルの反省文を書く場合もある。)

書面を提出していない者以外の献血率は、8〜9割と異常に高い。

<問題点>
献血は、任意で自発的に行うべきなのに、書面を配って強制的な雰囲気を作り出す。
学校で無理矢理やらせる必要があるのか疑問。
献血をしない生徒に誹謗中傷をする。
献血で授業を潰す必要性がない。
教師の勤務成績に反映されるらしい。
教師は、任意で献血する。献血しない教師もいる。
理事長は献血しない。
体験入学で献血の感謝状を見せる。
献血しない場合、他の生徒から卑怯者扱いされる。
教師が献血をした生徒としない生徒をチェックしてる。
学校の方針は、全員参加。
日本赤十字もどう考えてもおかしいと気付いていたはず。

※現在献血の強制は、行われていないらしいです。








posted by 告発者(管理人) at 07:29| Comment(8) | TrackBack(0) | 強制的に献血 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
現役の佐藤栄学園生です。学校名はいえませんが・・・
面白い情報を教えましょう。
この学校は佐藤栄太郎の著書を生徒に無理やり買わせます。希望者じゃなくて、経費から落とす、といった手口で行われているようです。
Posted by どうも at 2006年03月10日 20:18
俺も買わされました…。
やや豪華なハードカバーでけっこう高かったと思う。
読ませるのが目的だと当時は思ってたのですが、こうして考えてみると、違う目的みたいですね…。
Posted by 栄卒のS at 2006年03月10日 21:43
私は吹奏楽部のCD買わされました。定価より安い金額だったので良心的かと思いきや卒業してからよく考えてみると聞きもしないCD持ってても意味ないじゃんと気づきました。
ちなみにそのCDどっかに行ってしまいましたが吹奏楽やってた友達によるとオークションとかに出すと結構高く売れるらしいです。
Posted by ん at 2006年03月13日 07:05
栄太郎はなぜ献血をしないかというと本人が糖尿病だかららしいですよ
Posted by 東中生 at 2006年03月19日 09:00
栄太郎の著作は面白いですよ。私は在学時に強制的に配布されたものを読んだのですが、彼の思想について簡単に触れることができまして、本ブログに書き込みをするネタには不自由しなくなること請け合いです。生徒という存在を、さらには保護者という存在をどれだけ侮り、蔑んでいるかを知ることができます。それにしても、よくこんな本を配布して苦情がこないものだな、もしくは訴訟が起きないなと思いましたが、いやいや、誰も目を通していなかったということでしょう。事実、駅前の古書店にはズラリと並んでおりまして、それはなかなかに壮観でした。
Posted by グウノネ at 2006年03月23日 13:46
栄太郎は心臓の手術をしたそうです。
Posted by どうも at 2006年03月24日 17:01
うちの母親は配られたその日に
古本屋に売りに行っていました。
Posted by 在学生 at 2006年05月25日 15:09
現在もほぼ強制で献血をさせられる。それに、栄太郎はもう、二回ほど心臓が停止しているがいつも、となりに医者がいて二回とも復活。いまでは、一日に四時間しか働いてはいけないとドクタ−ストップされていて、ほとんど姿を見せない。
Posted by 栄太郎の弟子 at 2006年08月07日 22:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。