2006年03月29日

「生徒は商品」とテレビ番組で教員が発言

詳しく調べたところ、栄東の家庭科を受け持つ教員が、
フジテレビの特番「現役教師1000人大告白先生だって人間なんだ頑張れ!炎の応援SP」(3/25再放送)内において
「生徒は商品」だと発言していたようです。

せいと【生徒】
(1)学校や塾などで教えを受ける者。
(2)特に小学校の児童や大学の学生に対し、中学校・高等学校で教育を受ける者。

しょうひん【商品】
市場で取引されるもの。財貨・サービスなど。

しじょう【市場】〔market〕
(1)商品の売買が現実に行われる特定の場所。魚市場・中央卸売市場・証券取引所など。いちば。マーケット。
(2)商品としての財貨やサービスが交換され、売買される場についての抽象的な概念。国内市場・国際市場など。
(3)商品売買の範囲。 「―を開拓する」


posted by 告発者(管理人) at 12:03| Comment(5) | TrackBack(0) | 教員の実態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私が勤めていた所の受験料は25000円だった。
学校説明会などで中学生が来校すると、ベテランの先生は「25000円が来た」と思うらしい。
Posted by at 2006年03月29日 21:09
その教師は去年、結婚しました。
おそらくやめてくれると思います。
Posted by 元1-5 at 2006年03月31日 14:19
そのことをつっこまれたら、番組のプロデューサーに言わされたって言ってました。
まんざら、ウソじゃないと思います。
教師が、そんなアフォな発言するわけないし、発言を叩かれるの必至じゃないですか。
Posted by 家庭科の先生 at 2006年04月03日 14:41
そうですよ!!確かに学校側に悪いところも
あるけど、言い過ぎです!!
確かに私も、栄太郎の脱税は許せないけど・・・。
Posted by あゆ at 2006年04月12日 18:40
何この学校
Posted by yuki at 2006年10月07日 22:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。